第6期 感情カウンセラー養成講座(本科・通信科) 

本当に人の助けになるカウンセリングを学びませんか?

平成から令和へと時代も移り変わった今日、わたしたちの社会は大きな変化を迎えています。

働き方改革、人生100年時代、少子高齢化による社会構造の変化、AIによる技術革新、気候変動等、ミクロからマクロまで数え上げたらきりがありません。

このような変化はライフスタイルや雇用、そして生活環境にも大きな影響を与え、家族のあり方や個人の生き様をも否応なく変えていくでしょう。

そんな変化を前に、期待に胸ふくらむ人もいれば、ついていけるのか不安を感じる人もいるでしょう。両方を行きつ戻りつして振り回されるように感じる人もいるかもしれません。

今後、変化の波が個人の生活にまで押し寄せてくることを予測すると、わたしたちの気持ちはさらにざわざわと揺れ動きます。

そんなとき、ときに大きく揺れる「感情」を、ただ穏やかにそこにいて受け止めてくれる人がいれば、わたしたちは落ち着きを取り戻し、もう一度前を向いて力強く進めるでしょう。それは貴重でとても助けになる存在です。

それならば「自分もそんな存在を目指そう」と思ったりもしますが、案外難しいものです。
これは、うんうんと頷くとか、身振り手振りを合わせる、言葉を繰り返すというテクニックで対応できるものではありません。

また気持ちに寄り添えばうまくいく、という単純なものでもありません。いろいろと学びを重ねてこられた心ある人は、もう気づいていることでしょう。

「本当に人の助けになる」とはどういうことでしょう?

相手の内に湧き上がる不安や怖れまたは怒りや悲しみが、穏やかに静まっていく。
そして、落ち着いた明るい気持ちで考えられるようになる。動き出す。

そんなサポートをするには、絶対に押さえておくべきポイントがあります。

感情カウンセラー養成講座では、その重要なポイントを知的に理解するだけでなく体現できるようになるまで学びます。数多くの実習を通して、誰でも段階的に無理なく身につくように設計されています。

職場で、家庭で、学びや楽しみのコミュニティで、日常の様々な場面で、わたしたちはいつも人と関わっています。困ったり悩んだりしている人を目の前にして「こんなとき、うまくサポートできたらなぁ…。」そんな思いに駆られる場面も少なくないでしょう。

いまやカウンセリングマインドが必要なのは職業カウンセラーだけではありません。
単なる相談相手ではない「本当に人の助けになるサポート力」をつけたい方は、続けてご覧ください。

 

「感情カウンセラー養成講座」第6期募集のお知らせ

今年で6期目の「感情カウンセラー養成講座」。

さて、その感情カウンセラー。
最大の特徴は「相手が心理的に自由でいられる場」を提供できることです。

これは人間関係においてとても大切な力です。
「心理的に自由でいられる場」は、わたしたち誰もが望みながら、現実にはなかなか得られない環境だからです。

どういうことでしょうか?

心理的に自由・不自由とは?

わたしたちはふだん、意識するしないにかかわらず相手の様子を観察してコミュニケーションしています。

相手の様子や反応を伺いながら、ときに同調したりときに反発したりします。
そうした心理的な綱引きをしながら、わたしたちは無意識にパターン化した自分の得意なコミュニケーションスタイルを、目の前の相手との関係に持ち込もうとします。

この無意識のコミュニケーションスタイルの投影は、人をサポートする場合にもよく起きます。
話を聞く側が親身になるうちに相談者に同調してしまい、相談者の望むコミュニケーションスタイルにはまって抜けられなくなります。そして話が堂々巡りになります。

または、話を聞く側が無自覚に自分の得意なコミュニケーションスタイルを持ち込んで、相談者は気づかないまま誘導されて、なにか違和感を覚える、等。

いずれにしてもこうなると相談者は心理的な自由を失います。
新たな考えや視点、立ち位置を選べる心理状態から遠ざかり、状況が改善する機会を失います。

さらには膠着状態に陥り、問題がより深刻で動かしがたいものなることも珍しくありません。
こうなるともう何をやっているのかわかりません。

本来人は誰でも、課題を解決する力を内に秘めています。
「心理的に自由でいられる場」を用意できれば遅かれ早かれその力は引き出されます。

「心理的自由」を提供できる 感情カウンセラー

しかし残念ながら、そんな理想的環境はそう多くありません。
それは一般的に、コミュニケーションにおける「感情」の影響が軽視されていること。(またはその反動か過度に重視されていることもあります)
それがゆえに、感情を適切に取扱うトレーニングを行った人がほとんどいないからです。

「心理的に自由な場」を提供するためには、まず前提として、
相談を受ける側が相談者の言動によって感情的な反応が生まれない状態であること、
さらに、ありのままの相手をいい悪いと判断せず、丸ごと受け止められる力が重要です。

言うは易く行うは難し。
先に挙げたことはまさにそうで、知的理解を以って対応できるものではありません。
実践のためには、まず自身が過去から持ち越した感情のわだかまりを解消しておくことが必要です。
そして、少なくとも相談を受けている間は、意識的/無意識的にも、言語/非言語的にも、相談者に心理的な力を一切かけない在り方でそこにいる。そんな力を身につける必要があります。

しかし残念なことに、このような感情を取り扱うトレーニングを教えてくれるところはほとんどありません。だから通常、このような人間力は「生まれつきの性格」かのように、できる人はできるし、できない人はできない、と割り切ったり諦める他なかった訳です。

けれども実は、感情の取扱いはトレーニング可能な領域です。
過去五年の講座を受講いただいた方々を始め、多くの人の変化を目の当たりにしてきました。

当講座では、これまで「人格者」「人間力のあるできた人」と呼ばれるような人たちが無意識に行っている「在り方」、または長年試行錯誤しながら身につけてきた「在り方」を、半年間のトレーニングで身につけようという目論見です。

講座を通じて感情との付き合い方が身につくと、これまでいかに感情に影響されていたかに気づきます。人によっては生まれ変わったように感じるかもしれません。
心理的健康を取り戻し、仕事や人間関係がスムースに回りだして驚くかもしれません。

そしてこの感情的安定が土台となって、相談者が心理的に自由でいられる場づくりができ、「本当の人助け」につながります。
すでにカウンセリングやコンサルティング、人事や教育など、人の能力を引き出す、困りごとをサポートするお仕事をされている方は、感情的安定を手にする前と後とで、その効果に顕著な違いを感じることでしょう。

講座修了後は「認定カウンセラー」として活動できます

講座では、感情的安定を担保する感情の取扱い法を学ぶことに加えて、ひとの心の成り立ち、さらには対人支援者としての在り方まで、感情カウンセリングを提供する上で必要なすべてを学びます。

扱う内容は、既存の枠組にとらわれない実質重視の実践的なものです。

アイデンティティ、固定観念、自意識、トラウマなど心理学で扱われる領域はもとより、エゴ、魂(本質的自己)、科学的にはまだ証明されていない領域に触れることもあります。

これは、相談者の心理状態の本質的改善に役立つかどうか、という観点で内容を厳選した結果です。
これにより半年間という比較的短い期間で、現場でリアルに役立つ質の高いサポートができるようになります。

希望者は講座修了後(修了試験あり)、所定の手続きを経て協会認定「感情カウンセラー」®として活動することもできます。

これまでに5期の講座を実施し、48名が認定カウンセラーとして活動されています。
「本当に助けになる対人支援業」を今後キャリアに加えたい、そんな方はぜひご参加ください。

令和元年6月22日(土)からスタート。通信科もあります

この講座は2014年からスタートし年一回開催しています。
今回は第6期の募集です。
全6回(18講)を2019年6月22日(土)から半年かけて学びます。

月一回の講座(主に横浜にて開催)に加え、スタディグループでの実習とメールによるQ&Aフォローがあります。
講義は感情カウンセラー協会理事の岡村茂が担当します。

さらに「感情の取扱説明書」「人生が変わる感情のクリアリング」の著者で、当講座のコンテンツ作成者でもある、協会代表理事の谷孝祐が監修者として参加します。
会場で受講される方の進捗状況を確認し、必要に応じてフィードバックします。

受講された方が漏れなく「感情カウンセラーに必要な在り方とスキル」を体得できるよう、万全の態勢でお待ちしています。

関東圏以外の方には、DVDと2回のスクーリング(実地演習@大阪市内)で同じ内容を学ぶ「通信科」もあります。(DVD内の講義とスクーリングの講師は谷孝祐です。)
こちらもどうぞご活用ください。

「早期一括割引」があります

費用は通常405,000円(67,500円×6回 税込)。

早くに参加を表明いただいた方には、早期一括割引339,120円(税込)も用意していますのでご利用ください。
※〈早期一括割引:5月末日迄のお申込、かつ初回迄に一括お振込の場合〉

●電話またはZoomによる無料相談会

この案内をご覧いただき興味が湧いた方には、電話またはZoomで無料相談会(30分)を開催します。
希望される方は、shigeruokamura@kc-a.jp (協会 岡村)までご連絡ください。折返しご連絡します。
(5月4日〜9日までは都合により返信できません。ご了承ください。)

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」時代

新元号「令和」には、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められているそうです。

当養成講座で身につく「心理的自由」を提供する力は、このような時代を実現する支えになるのではないか、と期待しています。

一人、またひとり、本当に助けになるカウンセリングを提供できる人が増え、その周囲の人が感情的に安定し自分らしく生きられるようになる。そうなれば自ずと、人々は美しく心を寄せ合い、そこから新しい文化が生まれ育つのではないでしょうか。

ピンときた方は下記詳細をご覧の上、お申し込みください。
縁あるあなたのご参加を心よりお待ちしています。

感情カウンセラー協会
岡村茂

 

第6期 感情カウンセラー養成講座 募集要項(本科および通信科)

【1.本科】

<開催日程>

全6回(6月〜11月)
2019年
6月22日(土):第一回「感情との付き合い方」@横浜
7月20日(土):第二回「感情の性質と種類への理解」@横浜
8月17日(土):第三回「蓄積した感情のクリアリング方法」@横浜
9月21日(土):第四回「感情を生み出すものへの理解と改善方法」@横浜
10月19日(土):第五回「原因を突き止める技術」@横浜
11月16日(土):第六回「対人支援者としての在り方」@甲府(ワイナリー)

各回10:30~16:40 最終回のみ10:30~17:00

※別途、スタディグループでの勉強会があります。
※第2回、第4回、最終回は懇親会があります。
※認定試験に合格し感情カウンセラー協会への登録後(要別途登録料)、認定カウンセラーとして活動いただけます。

<受講費>

早期申込割引 339,120円(税込) 〈5月末日迄のお申込、かつ初回迄に一括お振込の場合〉
通常価格 405,000円(税込) 〈6月1日以降のお申込、または分割払ご希望の場合 67,500円×6回〉

※全2回(第2回および最終回)の懇親会費用を含みます。
※受講費用総額の二割は当協会への寄付とさせていただきます。ご理解ご協力をお願いします。
ご不明な点等ありましたら、お問い合わせください。

<定員>

最大16名(先着順)

 

【2.通信科】

<内容>

●全6巻のDVD講座
●2日間×2回のスクーリング(実地研修)<参加必修>
6月:第一回「感情との付き合い方」
7月:第二回「感情の性質と種類への理解」
8月:第三回「蓄積した感情のクリアリング方法」
9月:第四回「感情を生み出すものへの理解と改善方法」
10月:第五回「原因を突き止める技術」
11月:第六回「対人支援者としての在り方」

※別途、スタディグループでの勉強会があります。
※認定試験に合格し感情カウンセラー協会への登録後(要別途登録料)、認定カウンセラーとして活動いただけます。

<期間>

2019年6月より11月まで
毎月中旬頃、6回に分けてDVDを送付します。

<スクーリングの会場>

大阪市内(参加者にご案内します)

<スクーリングの日時>

・7月13日(土)、14日(日)
・11月9日(土)、10日(日)

土曜日:13:00-17:00 日曜日:10:00-17:00
※それぞれ土曜日に懇親会があります。

<受講費>

早期申込割引 339,120円(税込) 〈5月末日迄のお申込、かつ初回迄に一括お振込の場合〉
通常価格 405,000円(税込) 〈6月1日以降のお申込、または分割払ご希望の場合 67,500円×6回〉

※DVDの送料を含みます。
※2回の懇親会費用を含みます。
※受講費用総額の二割は当協会への寄付とさせていただきます。ご理解ご協力をお願いします。
ご不明な点等ありましたら、お問い合わせください。

<定員>

最大8名(先着順)

 

【共通事項】

<支払方法>

指定口座にお振込にて
※お振込先はお申込受付時にご案内します。

<支払期日>

一括 2019年6月21日(金)
分割(全6回) 初回:2019年6月21日(金)、2回目以降:毎月末日

<お申込方法>

下記リンクをクリックして申込フォームからお申し込みください。
申し込む

<申込締切>

定員に達する、または6月16日(日)迄。

<キャンセルポリシー>

お申し込み後のキャンセルには下記のキャンセル料が発生します。
5月末日迄 0円
6月1日~16日 64,800円
6月17日以降 202,500円

<お問い合わせ先>

shigeruokamura@kc-a.jp (担当:岡村)

 

【事業者】

一般社団法人感情カウンセラー協会
住所:神奈川県三浦市初声町和田2567-5
電話番号:046-854-5561
責任者:岡村茂 / 受付:谷苑子

上に戻る